スポンサードリンク

犬の病気と症状について

犬の病気の症状。愛犬が吐いたり、出血があると心配ですよね。犬の病気の症状区別、病名の検索、対処がわかる情報をまとめました

スポンサードリンク

飼い犬のマナー ふんの始末

現在では犬の散歩をしている方のほとんどは愛犬のふんを始末する
ビニール袋や小道具?を持っている方がほとんどかと思いますが、
時々ふんが放置されている事があります。

だいたい犬の散歩のコースは決まっているようで、その放置された
ふんを愛犬が臭いを嗅いでいる事もありませんか?

実はそのふんが原因で病気が感染することもあるそうなので、
お互いのマナーですし、愛犬家の皆さんきちんと始末しましょうね。

ふんいがいにも、少し広い公園へいくと犬にリードをつけずに、
放し飼い状態にしている方がおいでます。

しつけがきちんとされていれば問題ないようにも思いますが、
吠えたり、ふんをしたりする犬もいるようです

公園ではマナーを守って、お互い病気にならないように、ふんも
きちんと始末しましょう

犬の病気は症状からわかります

いまや5世帯に1世帯が犬を飼う時代となっています。少子高齢社会のひとつの現象とも言えるでしょう。犬と一緒に暮らす家族は、ますます増える傾向にあります。そんななか、注目したいのは犬を室内で飼う家族が急増していること。その割合は、すでに犬を屋外で飼う割合を上回っています。もはや犬は番犬やペットとしてではなく、立派な家族の一員として認識されています。愛犬の調子が悪そうだ、もし何か病気にかかったらということで、犬の病気の症状から、病名や対処が検索できるサービスが増えているようです。そのひとつにヤフージャパンのペットのカテゴリーもあります。主に検索されているのは次の五つです。犬糸状虫症(フィラリア症)、食物アレルギー 、急性胃炎、皮膚病、狂犬病となっています。

犬の症状でわかる病気と対処

愛犬といくらコミュニケーションが取れていてもしゃべってくれるわけではないので、原因がよくわからない場合が多いと思います。単に嘔吐があったとしても消化器系の病気や、飲食物が原因の病気などだけではなく、ストレスからくるものや、腎臓、肝臓などの病気、腫瘍などが原因の場合もあるようです。赤ちゃんや子供の病気のように、状態がうまく話せない場合と同じと考えて、症状の様子をよく観察する必要もありそうです。目の異常や、呼吸器、耳、歯など日頃から愛犬の健康状態をよく見ておく習慣が必要ですね。元気だといっても人間と同じく自覚症状のない病気もあります。犬も心身ともに健康であってほしいですね

症状からわかる犬の病気、体調を理解しましょう

犬の病気については、人間の病気とほとんど同じ種類の病気があるようです。しかし人間ほど進んだ医療が提供されているわけではないと思います。犬の病気の症状を理解しわかるには獣医さんが使っているいわゆる医学書的なものが主流のようです。そのため専門的すぎてよく理解できないかもしれません。その場合でも、犬の病気を理解する症状から病気を検索する方法を理解していれば、万一病気にかかった時にも対処がしやすいですね。「イラストでみる犬の病気」という本が一般の方にも理解しやすい本になっているようです。書店でも専門書の部類に入るかと思うので、アマゾンなどで検索してレビューなどをみて選んで見るのもよい方法だと思います。ヤフージャパンペット(犬の病気を症状から検索できます) URL http://pets.yahoo.co.jp/dog/medical/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。