スポンサードリンク

犬の症状でわかる病気と対処

愛犬といくらコミュニケーションが取れていてもしゃべってくれるわけではないので、原因がよくわからない場合が多いと思います。単に嘔吐があったとしても消化器系の病気や、飲食物が原因の病気などだけではなく、ストレスからくるものや、腎臓、肝臓などの病気、腫瘍などが原因の場合もあるようです。赤ちゃんや子供の病気のように、状態がうまく話せない場合と同じと考えて、症状の様子をよく観察する必要もありそうです。目の異常や、呼吸器、耳、歯など日頃から愛犬の健康状態をよく見ておく習慣が必要ですね。元気だといっても人間と同じく自覚症状のない病気もあります。犬も心身ともに健康であってほしいですね

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。