スポンサードリンク

犬の病気は症状からわかります

いまや5世帯に1世帯が犬を飼う時代となっています。少子高齢社会のひとつの現象とも言えるでしょう。犬と一緒に暮らす家族は、ますます増える傾向にあります。そんななか、注目したいのは犬を室内で飼う家族が急増していること。その割合は、すでに犬を屋外で飼う割合を上回っています。もはや犬は番犬やペットとしてではなく、立派な家族の一員として認識されています。愛犬の調子が悪そうだ、もし何か病気にかかったらということで、犬の病気の症状から、病名や対処が検索できるサービスが増えているようです。そのひとつにヤフージャパンのペットのカテゴリーもあります。主に検索されているのは次の五つです。犬糸状虫症(フィラリア症)、食物アレルギー 、急性胃炎、皮膚病、狂犬病となっています。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。